kumagaisou0

熊谷草
くまがいそう

くまがいそう、あつもりそうの名は、膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った母衣(ほろ)に見立て、がっしりした方を熊谷直実(くまがいなおざね)に優しげな姿の方を平敦盛(たいらのあつもり)にあてたものである。花色がそれぞれ白・赤っぽいため源氏の白旗、平氏の赤旗に見立てたための命名ともいわれる。