kobagibousi

小葉擬宝珠
こばぎぼうし

同属の大葉擬宝珠(おおばぎぼうし)に比べて葉の小さいことがその名の由来ですが小さいだけでなく、大葉擬宝珠の丸葉形に対し、やや長細い葉形をしているのでまず見間違えることはないでしょう。また大葉擬宝珠の花色は淡色系ですが、小葉擬宝珠では濃色の花色が多くなります。ただ水擬宝珠(みずぎぼうし)もよく似た環境に自生し、花姿もよく似ていますので、よく観察しましょう。葉柄があれば小葉擬宝珠、葉柄の無い長い葉っぱが水擬宝珠です。