mansaku

満作、金縷梅
まんさく

冬の枯れ葉が春まで落ちずに残る特徴がある。マンサクの語源は明らかでないが、早春に咲くことから「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれている。