sarusuberi

百日紅
さるすべり

幹がつるつるしていて猿も滑り落ちてしまうという意味に由来します。夏の間次々と花を咲かせ、開花期間が長いので「百日紅(ヒャクジツコウ)」の別名もあります。